「こんちくペダル」ブログとは

   2015/06/20

TREKFX7.2バイクプラス三郷にて

はじめまして、当ブログ管理人のkonchikuです。
このたび、「こんちくペダル」ブログを開設することにしました。

「こんちくペダル」の由来

「こんちくペダル」は僕が作った造語です。
「こんちく」は、「こんちくしょう」の「こんちく」です(笑)
「ペダル」は、自転車のペダルです。
最近はやりのマンガ「弱◯ペダル」をもじったワケではありません。

「こんちくしょう」との出会い。

僕の仕事は、東京都内で走るタクシードライバー。ある日の朝、客の多い都心へ向け中山道を走っていました。乗客もいないので、ラジオをつけてのんびり渋滞の中を走行中…
車内に流れるのはAM594のNHKラジオ第一。平成27年5月30日に放送される「高度成長 なにが奇跡だったのか」というNHKスペシャルの制作スタッフのインタビュー放送でした。

高度経済成長を経験していない製作者が、資料と証言を元に、歴史上の出来事として「なぜ高度経済成長が起きたのか」を解明していこうと企画したものらしいです。

制作エピソードがラジオで語られる中、高度経済成長を研究する著名な大学教授にインタビューをした帰り際のこと。
「いろいろ教えていただきましたけど、一言で言うと高度経済成長はなぜ起きたんでしょうか?」と質問すると、返ってきた答えは・・・
「それは『こんちくしょう』でしょ!』
だったそうです。
理論的な研究で知られる大学教授が「なぜ高度経済成長が起きたのか?」を一言で表した言葉が「こんちくしょう」だって?
ラジオを聞いていて、なんだかニンマリしてしまいました。

「日本は戦争に負けたが、経済では負けない」
当時の、日本人にはこの熱き思いがあり、あの奇跡といわれる高度経済成長を成し遂げたのか・・・

僕に今足りないものって「こんちくしょう」って熱き思いだな!って思い、その「KON」をもらうことにしました。

無趣味な僕が32歳にして初めて趣味に出会う

32年間生きてきた中で、小学1年から12年間野球に没頭しました。その後、大学で仏教に出会い、これも12年以上僕の人生の中心にあるものです。
野球はあくまで競技として熱中したのであって、趣味レベルの楽しみは感じられません。
仏教は、僕の人生を有意義にしてくれるものだけど、趣味とは違う。
そういうワケで、「趣味はなんですか?」と聞かれたら困る32年でした。
ところが、最近になって、「スポーツ自転車を趣味にしたい」と思うようになりました。
「ペダルを漕げば、景色が変わる!」そんな疾走感とメカニカルな造形美などに惹かれたんでしょうね。自転車において「ペダル」って推進力を生み出すエンジンのようなもの。
「こんちくしょう!ペダルを回せ!」と自分へのエールを込めて、「こんちくペダル」という言葉が生まれました。

そんなこんなで「こんちくペダル」ブログで知れること

このブログを読んだら、「こんちくしょう」って生きてる人間を垣間見れる。趣味の始めたばかりのスポーツ自転車のこと(今はクロスバイク「TREK FX7.2」、そのうちロードバイク買うよ)。都内のタクシーのこと。タクシードライバー目線から見た東京の様子。こんちくしょう!で始めた中国輸入のこと。人生哲学「仏教」のこと。などなど好き勝手書いていきたいと思います。

温かい目で見守っていただけると感激です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こちらで更新情報を流しています

follow us in feedly

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

コメント一覧

  1. 七つの習慣をバイブルに・・・ より:

    私も聞いていました、そのラジオ。原動力がこんちくしょう。その時は、おもしろい表現だと思い笑いました。ただ、先日、姪(姉の娘で、私の息子と2つ違い)に脳の動脈瘤破裂なんていう不条理なことが起こってからは、それは希望を追いかけるために必要なものだと、思い知っています。こんちくしょうは、音楽とかと近いかもしれませんね。希望が生まれます。なにいい!こんちくしょう!!!と、怒りはどこにもぶつけられることもなく、もう、前に進むしかないと思っています。

    • konchiku より:

      七つの習慣をバイブルに・・・さん

      コメントありがとうございます!
      まさか初投稿のしかも、陸の孤島と言えるこのブログにコメントくださるなんて!(驚)

      たいへんな経験をされたのですね。
      「もう前に進むしかない」のフレーズが僕の心に刺さりました。

      人生には、困難・不条理は切り離せいない。それ
      を忘れ、惰性に流されている自分に喝を入れ、精一杯生きていきたいと思います!

konchiku にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。