個人副業から始める人の物販ビジネスの完成形がここにある

 

Amazon輸入の決定本
photo by Amazon輸入はオリジナル商品で儲けなさいキャンペーンサイト

僕がコンサルティングを受けている物販の師匠石山さんがついに出版されました!

初めて出会った日から10ヶ月経ち、自分自身は迷走をしながらも、やっぱりこの人のノウハウが個人から低リスクでビジネスを立ち上げる上では最高だなと思うこのごろです。

5年後にこのビジネスを続けていられる想像ができる

自分自身、ネットで始められる副業はいろいろと試してきました。
アフィリエイトや情報発信やFXや古本せどり輸入転売など。

これは自分の欠点でもあるんですが、3ヶ月くらい取り組むと、ある程度の金銭的なリターンを得るための労力を先読みして、労力に見合う結果が得られないと分かると、やる気が一気に落ちる傾向があります。

そういう自分でも、この「Amazon輸入はオリジナル商品で儲けなさい!」というタイトルの通りのノウハウは、5年後もこのビジネスをしている自分が想像できます。

現在のノウハウでぶち当たっている問題

石山さんと出会って1ヵ月経つくらいのときに、中国仕入れアメリカ販売というノウハウに出会いました。こちらは、石山さんからの紹介もあり、自分がリサーチ以外をしなくてもよく、サービス面では完成されたノウハウでした。

おそらく、僕が石山さんのノウハウを知ることがなかったら、これこそが副業から独立までいけるノウハウだと思い、仕入れ数を増やしていってたと思います。

しかし、アメリカ販売をしていくにつれ、石山さんのノウハウの完成度の高さと継続的に稼げるモデルであることを、知らされることになったのです。

「Amazon輸入はオリジナル商品で儲けなさい!」の本にも書かれていますが、中国仕入れアメリカ販売をしているトップセラーのアカウントをリサーチすると400商品以上在庫を抱えていたのです。

回転しない在庫は、小資金で副業をしている人には大きな痛手になります。
一方で、石山さんの商品数はうわさでは20種類ほどしかなく、アメリカ販売のトップセラーの10倍近くは売上を上げているようです。

前の職場の上司は小売業界で一時代を築いたダイエーの幹部経験者でしたが「在庫は罪悪」と教えてもらいました。お金を生む在庫は資産でもありますが、不稼動在庫は「罪悪」です。

在庫は回転させてナンボであって、この石山さんのノウハウと今自分が取り組んでいるノウハウとの在庫の中身を見てもどちらが優れているかは明白です。

会社を経営するなら物流はコントロール下におくべきでは?

石山さんの「Amazon輸入はオリジナル商品で儲けなさい!」の中では、代行業者は使わずに中国人パートナーを使うことを勧めています。おそらく、今回のノウハウを実践するに一番、ハードルが高いと思われるところです。

僕自身は、石山さんのコンサルを受けていることもあり、石山さんの人脈を譲り受け、現在石山さんのパートナーでもある中国人パートナーを紹介してもらっています。

中国仕入れアメリカ販売のノウハウのウリは、自分はリサーチと販売戦略だけでいいことなのですが、「Amazon輸入はオリジナル商品で儲けなさい!」のノウハウでは、物流についてはアマゾン倉庫に送ってアマゾンが発送するか、自社発送のどちらかになります。

自社発送は、自分で発送するか、人を雇って発送してもらうことになりますが、Amazonがプライム会員以外で2000円未満の商品を送料有料化にしたことや、会社員副業者がアマゾン発送で手数料を価格に上乗せしなければならない現状からすると、自社発送はアマゾンでビジネスをする上で有利だと書かれています。

また、将来の事業拡大を考えてネットショップのマルチチャネル化をしていくなら、自社で物流拠点を持っておくことは有利に働きます。

当初、物販をしていく上で面倒としか思っていなかった発送業務ですが、物流拠点を作ると考えるとなんだかワクワクしてきます。

商品開発するのにアメリカは遠い

「Amazon輸入はオリジナル商品で儲けなさい!」では、オリジナル商品を開発していく必要があります。
実は、アメリカ販売をしている最中にも石山さんのノウハウは知っていたので、アメリカ販売でオリジナル商品開発をしようと思ってリサーチをして仕入れや参入障壁をつけて販売しているものもあります。

しかし、アメリカへの発送では最低15万円ほど仕入れないと国際送料が割高になります。また、英語のレビューをGoogle翻訳しても、ユーザーのニーズを汲み取ることは難しい面があります。距離的な遠さによる送料の高さや、語学の壁による心の距離の遠さを考えると、日本で成功した商品をアメリカで販売する流れの方がいいという結論になりました。月に100個、1000個売れる商品を目指すなら、日本Amazonで商品開発・販売するほうが、労力は格段に減ると思います。

物販で独立を目指す本の決定版

副業でやる人もそうですが、本気で物販で会社を立ち上げるつもりなら間違いなくこの本が指南書となります。

現在、僕は石山さんのノウハウを実践して、オリジナル商品のサンプルを取り寄せています。この言葉が本当かどうかは、これからの僕のブログを読んでもらえれば分かりますが、どうせ買うなら今です!

7月4日現在も「Amazon輸入はオリジナル商品で儲けなさい!」のAmazonキャンペーンをしているので今購入するのがだんぜんお得です。

出版記念セミナーも予定されており、生の石山さんにも会えるチャンスがあります。

石山さん自身は、今ではコンサルティングは限られた人にしか開放していませんので、生で話しを聞けるのは大変貴重です。それと、巻末にある読者特典は、オリジナル商品でやっていく人は絶対もらっておくべきですね。

Amazonのeコマース部門でランキング1位でしかも、これから、テレビ出演もされるそうなので、売り切れになる前に手にしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こちらで更新情報を流しています

follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。