自転車通勤(ジテツウ)の初期費用は◯万円

ジテツウ初期費用 ジテツウ(自転車通勤)

http://www.flickr.com/photos/7752651@N05/5188019419

photo by carnagenyc

クロスバイク以外にも意外にかかる初期費用

こんにちは。konchikuです。梅雨の季節でも朝に雨が止んでいればジテツウを強行している今日この頃です。
今日、会社の同僚が僕のTREKを見て、「自転車通勤するのに車体以外でどれくらいお金かかりますか?」と聞かれたので、その同僚にはテキトウに「だいたい4,5万円ですかね」と答えました。

実際どれくらいかかるのかなぁ・・・と思い、家に帰って調べてみました。
「自転車はお金のかからない趣味」とどこかで見かけた記憶がありますが、車体以外にも意外に初期費用はかかることがわかりました。

以下の表にまとめました。合計で126,381円です。

商品カテゴリ 価格
車体 62,000
防犯登録 500
アクセサリ 27,354
装備品 16,276
パーツ 10,793
工具 3,722
衣類 15,256
合計 135,901

長距離ジテツウを快適にする金額はこれくらい

TREK FX7.2の車体は定価62,000円で購入していますので、約64,000円が車体以外の初期費用としてかかりました。
「え!こんなかかってたんかい!!」と自分でもちょっとビックリしました。

なにもない状態からジテツウを快適にするにはこれくらいかかってしまいます。もちろん、ハンドルにドロップエンドバーを付けたり、バーテープを巻いたり、とすでに自転車沼に足を取られ始めている分の出費も含まれるので、みんながみんなジテツウを始めるのにこれだけのお金がかかるわけではありません。

それではカテゴリごとの大きな出費を見ていきたいと思います。

カテゴリごとの大きな出費を検証

アクセサリは小物がメイン

車体と防犯登録はおいておいて、アクセサリを見ていきます。
アクセサリの定義は、主に小物です。
例えば、ボトルホルダー(僕は2つ装備)、ドリンクボトル、スマホホルダー、鍵、ライトなどです。
ここでの一番の出費はフロントライト(4,320円)でした。自分の身を守る大切なモノなので、明かりが強く、USB充電できるタイプを購入しました。

ライトは値段と明るさがほぼ比例するので、ここはこれからジテツウを始める人はケチらないのがキモですね。

メンテナンスは消耗品

メンテンナンスに必要なものをカテゴリとして分けました。主にメンテナンス時に使う消耗品です。ゴム手袋、ウェス、チェーンメンテナンスセット、パンク修理パッチ。メンテナンス用スタンド(2,250円)が最大の出費です。これはメンテナンスには必須ですね。とりあえず、これだけあればジテツウ始められるレベルのモノたちです。

装備品は安全なものを

装備品としてカテゴライズしたものはヘルメットとバックパックです。ヘルメットが5000円弱。バックパックはdeuterのBikeONE20を購入(約11000円)。ヘルメットも安全性を考えるとこの辺りの価格が安心できるのかなぁと思いました。また、バックパックはもっと安いものもアリですね。

でも、deuterに11,000円出しても後悔はしない、そんな満足いく逸品です。

パーツは趣味の世界にどっぷり

自転車沼と言われるようにどっぷりとハマり始めています。 とは言っても、2000円台のバーエンドとドロップバーエンドを2種類です。ここはお金をかけなくてもジテツウは始められますが、快適性やらカスタマイズにハマりだすとどんどん膨らんでゆきますね。

衣類は機能性を重視

衣類は文字通り、ジテツウするのに着る服です。サイクリング衣類はのきなみ高価なので、Amazonで安いノーブランド品を探しました。サイクルジャージ、レーサーパンツ、ハーフグローブ、ハーフパンツ、インナーシャツが主です。

サイクルジャージとレーサーパンツとインナーは帰宅したら洗って、干して翌朝着るというサイクルで回してるので、もう1セット欲しいところです。どれも3000円以下のもので揃えています。

まとめ

趣味として購入しているのは、バーエンド5,000円とバックパック11,000円。衣類は機能性を考えなければ今持っている普段着を使えばいイイので、10,000円くらいは浮くでしょう。スマホケースも買い替え分3,000円も削れるとして、29,000円は、一覧表からカットできる費用です。

それでも、44,000円くらいは車体以外にかかるジテツウ初期費用と言えそうです。
同期の質問に答えた金額もウソではなかったようで、一安心。
これからジテツウ始めようと思っている方の参考になれば幸いだす。

コメント