クロスバイクで100kmロングライドを完走した結果は

   2015/07/20

クロスバイク100kmロングライドこんにちは。konchikuです。本日、クロスバイクで111kmのロングライドを完走してきました。「100kmロングライドの達成感は半端ない」との言葉通り、サイクルコンピューターアプリで100kmのアナウンスを聞いたとき、心の中でガッツポーズかましました。

ただ、残りの5kmはぐでんぐでんになって、上半身裸のグラサンしたママチャリおっさんに抜かれたり、大失速でした。
こちらが、111km完走を記録したアプリの画像です。
クロスバイク111km走行記録
では、111kmロングライドを振り返っていきたいと思います。

出足から予期せぬタイヤトラブルで

2時間遅れでスタートでした。金曜日会社からの帰宅時にパンクトラブルがあり、予備チューブを使用しました。帰宅後に、パンクしたチューブを補修して、タイヤに戻しました。

前日は800kPaまで充填できたので、問題ないと思ったんですが、いざ最終チェックの段階で、抜けてました。完全にふにゃふにゃになっておらず水に浸しても気泡が出ないことから、補修パッチからの空気漏れと判断。ラバー製のハンマーないからと叩かなかったのが悔やまれます。

こうなっては仕方ないと、予備チューブを装着したら・・・今度は、予備チューブに空気が入らない。よく見るとリム側にスネークバイト(リム打ち)のような大きめの穴を発見。

パンクした時に予備チューブを入れて10kmの道のりを帰れてたので、タイヤから取り外す時に穴を開けたか、ボンベ式空気入れの空気圧が500 kPaくらいしか入らなかったので、リム打ちしていたのか。(今度、自転車屋で聞いてみます)

結局、空気漏れするチューブを予備チューブとして、スネークバイトを補修して実装しました。今度は、チューブをタオルにくるんでカナヅチで叩いて圧着しました。

今回のコースは江戸川サイクリングロード

ロングライドでは計画が大事とサイクル雑誌やブログに書いてあるらしいけど、今回はあんまり計画もなく「とにかく100km走る」ことだけを目標に補給食の準備だけしっかりして出ていきました。

過去に数回、江戸川サイクリングロードに出没した記憶を元に、「『海から◯◯km』という看板があったよなぁ、確か45kmくらいだったよな。往復してちょっとディズニーへ寄り道すれば100kmかぁ」くらいのコース計画でした。

もちろん、一般道を多用してゴールを目指すならそこそこしっかりした計画も必要だと思います。ただ、今回はひたすら江戸川サイクリングロードを駆け抜けるのだから、 「川沿い走ればいいやろ」くらいで思っていました。江戸川についてまんまと計画の甘さを実感。海まで45kmもなかったですw

旧江戸川に入らないとディズニーへは行けない

コース計画の甘さはこんなところにも。江戸川は下流の方にいくと旧江戸川と江戸川に分岐しています。
今回の折り返し地点は漠然とディズニーに行こうというものでした。日曜日の江戸川サイクリングロードは、ロードバイクやクロスバイクはたくさん走っているんですけど、埼玉県東京都側(右岸)は、なぜか朝は上流に向かう人ばかり。

なので、江戸川の下流に行くとローディーもパラパラと見かける程度。江戸川を下るとサイクリングロードの両脇がバーベキュー会場になっていたり、潮干狩りや貸ボート屋が軒を連ねたり…「あれ、なんかおかしい」と思ったら、案の定、分岐点で間違えていました。

初めてのロングライドでオイシイ食べ物はムリ

ロングライドの楽しみとして、オイシイ食べ物屋を探して遠出をするみたいなことを言っています。
僕のような10年以上まともなスポーツをしていなかった運動不足初心者には、折り返し地点では、もう固形物や麺類を食べる気力はありませんでした。


ディズニーをなんとなく折り返し地点として到着。この後ディズニーを周回して復路に入ったところで昼食休憩。
もう、コンビニのいちごジャムパンといちご飲むヨーグルトでおなか一杯でした。

ペース配分は事前調査が奏功したぞ

オイシイものを食べようとは思えなかったものの、事前の調査で栄養補給と水分補給、休憩時間の設定は初心者にオススメのものを実践してロングライドを完走することができました。

往路は平均20km/h以上を維持。常に向かい風(南西野風)で、元気なときは23km/h、風が強くなると20kmを下回る感じ。
途中、ディズニーを眺めながら、未知に迷いながら16km/h台のもありました。

休憩はだいたい1時間ごと(約20km)に。猛暑日なら30分ごとという意見も目にしましたが、さすがに30分だと短いと感じました。
この辺りは、普段の自転車通勤で1時間連続走行は当たり前になってたのがよかったです。

復路は、昼休憩ポイント(60km)地点からノンストップに挑戦。往路が常に向かい風だったので、復路はほとんど追い風。前半の疲れもありましたが、追い風がみ方して23〜33km/h平均で105kmくらいまで走ることが出来ました。

初心者がクロスバイクで100km完走は簡単だったか

今回、自転車通勤開始2ヶ月(総走行距離1300km)の素人脚で挑んだ結果、初の100kmロングライドを完走することが出来ました。途中道を間違えたことで111.1kmというゾロ目までついてきましたが(笑)

初心者がクロスバイクで100kmロングライドが簡単にできるのか?という問に対して、個人差はありますが、出来ないこともないです。
ただ、5〜6万円のエントリモデルのクロスバイクだと、機材的に厳しいように思います。

今回はタイヤを25cで走りました。またペダルにも助けられました。
三ヶ島(MKS)ペダルとケージクリップ(トゥークリップ)は、安定したペダリングと引き脚につながりました。この当たりは別途記事にします。

終わってみて、脚はパキパキになって、日焼けで皮膚はピリピリで痛みしかないんですけど、「またやりたい!」というのが本音です。

きっと往路が上流に向かい(追い風)、復路で下流に向かう(向かい風)の方が体力的に厳しくて上級者向けなんだと思います。

何回か今回と同じコースを走った後で、上級者向けと思われるパターンでも走ってみたいです。もっともっと貧脚を鍛えて!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こちらで更新情報を流しています

follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。