ペダル交換でボルトが固着して困ったときの対処法

 

http://www.flickr.com/photos/77227434@N00/125998625

photo by Sarah Korf

いざ!ペダル交換のはずが・・・

こんにちは。konchikuです。自転車プロショップで聞いた、初心者の僕におすすめのペダルの記事で紹介したペダルが届いたので、いよいよ交換!今日は、めちゃくちゃ暑いので、日が沈む18時過ぎに始めたのが裏目に出ました。工具を買いにいく時間もなく出直しです。

結論からいうと、ペダルが固くモンキーレンチとカナヅチでは、固着したネジはびくともせず、結局先に交換できた左のペダルも元に戻すことになりました。

ペダルの回転性能の違いを実感

今回のペダル交換は落車の際に金具の部分がゆがんでしまったので、交換に至りましたが、ペダルの回転性能は完成車に取り付けられているものと、ペダル専門メーカーのペダルでは作りが違います。

動画でとってみたので、見比べてみると一目瞭然です。
こちらが、完成車に取り付けてあったペダルです。落車して歪んだまま今は乗っています。

 

そしてこちらが、固いネジをなんとかレンチで外し、グリスアップ(グリスをネジに添付)して装着したモノです。
三ヶ島(MKS)のペダルGR-10は性能がいいとAmazonレビューでも評判です。

これだけ違うということは、走りにも影響がありそうで、楽しみです。

ペダル自体はこちらの写真が全体像です。ここにケージ状のトゥークリップを付けて使う予定です。

MKSペダル

ペダルのネジは固い

今回、クロスバイクを購入して2ヶ月しか経っていないし、ペダルのクランクへの脱着も簡単にできるだろうと思い、家にあったモンキーレンチでできるとタカをくくっていました。
実際使った道具はこちらの写真です。
ペダル交換の工具
左ペダルはなんとか脱着できたモノの、右側は固着していてビクともしません。カナヅチでレンチを叩いても動かず、六角レンチでの脱着も可能なタイプだったので、六角レンチでも試みましたが、ネジは回りませんでした。

2ヶ月しか経ってなくても、ネジは固くなってることがわかりました。
専用のペダル用レンチというのが売ってますけど、やっぱり必要だったみたいです。六角レンチの場合なら、柄の長いタイプか、延長するグッズが必要ですね。

今回は、こちらを購入しました。明日仕事が終わって、明後日になればAmazonから届いているので、明後日こそは交換です!

ちなみに、このレンチがAmazonでは一番レビューが良かったですね。プロ仕様なのに、2000円台というのも魅力です。

まとめ

購入して2ヶ月のクロスバイクでもペダルのネジが固着していることもある。
2度手間にならないよう、せっかくなのでペダル用レンチを購入しよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こちらで更新情報を流しています

follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。