これからネットビジネスで起業して、人生逆転を狙うならタクシー運転手から始めよう

 

タクシー転職

photo by taxi | Flickr – Photo Sharing!

人生逆転を本気で狙うなら転職もあり!

六本木のメッセンジャーには、「お前のやっていることはネットビジネスではない」と言われても、僕がやっているのはネットビジネスだと、それでもいいたい。
「ネットビジネス勉強中です。初心者です」のマインドセットでは、いつまで経っても「勉強中」「初心者」から抜け出せないからです。

「僕はネットビジネスをやっている」と言ったからこそ、乗客からメッセージを受け取ることができたわけですし。

僕は人からなにか言われると「何クソ!やってやる!」という気になるタイプです。さっきも、米国Amazonで中国人セラーから、「お前の英語はヘタクソだ!」と中国語で言われて、「ちくしょう!いつか英語でぎゃふんと言わせてやる」と思いました。そういえば、このブログのタイトルの「こんちくペダル」の「こんちく」は「こんちくしょう」が語源でした。

ということで、僕は誰に何を言われようとネットビジネスで起業して、人生逆転を果たします。

物販のネットビジネスでは、最初、仕入れのための資金が必要です。
今から物販をやろうとしている、またはやっているけど、フリーターで資金がないし、融資も受けられないという人。また、会社員だけどブラック過ぎて、時間も体力も副業に当てる時間がないという人、東京都内でタクシードライバーになることをおすすめします。

東京都タクシードライバーの年収は?

2015年の東京都のタクシードライバーの平均年収は392万円(東京ハイヤー・タクシー協会)です。
この数字だけを見たらわざわざタクシードライバーになろうとは思えません。

ですが、僕の所属する会社の30代〜40代で、真面目に営業している人なら年収450〜550万円程度ではなないかと思います。東京タクシードライバーの平均年齢は58歳です。
正直、50歳を超えて今のような営業は体力的にきついですが、20〜40代で、運転自体が苦にならなければ年収450〜550万円は現実的な数字です。

僕は、月間13日出勤のところ、ほぼ毎月11〜12日出勤にしていたのと、有給をフルに使ったので、昨年1年間は500万円に僅かに届きませんでしたが、毎月13日間フル出勤していれば、年収540万円はいったと思います。

タクシードライバーは転職しやすいのか?

はい。20代30代なら、犯罪歴がなく素行に問題がなければ、かなりの確率で転職できると思います。
もちろん、東京の大手2社(日本交通・国際自動車(通称;km))は、多少ハードルが上がるかもしれませんが、会社員経験者やフリーターでも、社会人経験があれば、多くの人に門戸が開かれていると言っていいでしょう。

僕のオススメは、東京大手2社のグループ会社で教育制度の整っている事業所への転職をおすすめします。たとえ、都内が通勤圏外だったとしても、埼玉県のシェアハウスならば初期費用8万円、毎月3万円の家賃で住むことも可能です。

寮付きの事業所もありますので、地方から転職するなら候補に入れてもいいかもしれません。
寮はありませんが、日本交通グループでも、上位の営業成績の事業所(僕が所属している)でも、現在、増車にともなって急遽縁故者採用を再開しました。
もし、東京都のタクシー転職に興味がある方は、連絡いただければ縁故者として紹介します。
入社祝い金や謝礼が双方に出るので、転職できて10万円ほどの臨時収入が手に入るのもタクシー業界ならではです。

起業準備にタクシードライバーがオススメな5つの理由

僕が起業前提の転職活動に切り替えて選んだ職種がタクシードライバーでした。
なぜネットビジネス起業準備にタクシードライバーがオススメなのか?いくつか理由はありますが、5つにまとめました。

  • (1)歩合制ではあるが安定した収入を得ることができる。
  • (2)大卒も高卒も、前職も関係ない。研究工夫努力で収入をアップできる。
  • (3)通勤ラッシュ時間帯を外すことも可能。2日分まとめて仕事をするので、有効に時間を使える。
  • (4)同僚との飲み会や避けられない上司からの誘いもない。
  • (5)いつでも辞めることができる。

(1)歩合制ではあるが安定した収入を得ることができる。

これは、前述のとおりです。とくに僕の事業所はAB賃金形態といって、最低限14時間営業運転していれば、どんなに成績が悪くても約20万円の固定給が保証されています。また、フリーターや契約社員と違って正社員採用なので、収入や待遇面では安定して働くことができます。

ネットビジネスを始めた当初は、本当にこれが収入に繋がるのだろうか?という不安と焦りがあります。ましてや、収入が少なかったり、借金を抱えていると、このような不安と焦りは増すばかりです。
それならば、一度安定した収入と立場を得て、不安と焦りをなくして、ビジネスに取り組む上では、タクシードライバーは最適な選択肢です。

(2)大卒も高卒も、前職も関係ない。研究工夫努力で収入をアップできる。

書いている通り、最終学歴や前職も関係ないのがタクシードライバーです。いろんなバックグラウンドを持っている人がいます。また、営業収益がいい人は、自分の努力と勘次第です。

(3)通勤ラッシュ時間帯を外すことも可能。2日分まとめて仕事をするので、有効に時間を使える。

実は、これは非常に大きい要素です。通勤ラッシュはもう永遠に乗りたくないですね。あれだけで一日使うエネルギーの8割くらい消費するという人もいます。また、1度に19時間くらい働いて、翌日休みなので、通勤回数も月間12〜13回です。月トータルの通勤時間も半分になり、平日昼間も1日おきに休みになりますから、まとめて時間を確保でき、ネットビジネスをするにも有効な時間活用ができます。
通勤回数が少ないので、群馬や茨城から出勤している人も結構います。

仕事の開始を午後3時から翌日午前10時というパターンに変えれば、完全に通勤時間帯を外せるので、通勤の消耗は完全にありません。その分、電車の椅子に座って、こうやってブログを書くこともできます。

(4)同僚との飲み会や避けられない上司からの誘いもない。

本気で、ネットビジネスで起業・脱サラを目指すなら、同僚との愚痴の言い合いや、上司とのゴキゲンとりの飲み会は避けたいところです。時間もお金も浪費します。
タクシードライバーになっても、同僚と飲み会をする人もいますが、そこは個人の選択の自由です。
付き合いが悪いと後ろ指刺されることもありません。自分の時間は自分で管理できるので、計画的に脱サラするには、良い環境です。

(5)いつでも辞めることができる。

文字通りです。会社から引き止められることはまずないでしょう。
ただ、2種免許養成過程といって、入社後に普通自動車2種免許取得費用20万円を会社が持つ代わりに2年間勤務しますと契約を会社と交わします。
もし、仮に2年以内にネットビジネスで成功して脱サラできるなら、20万円を支払う能力はあるでしょうし、2〜3年じっくり腰を据えてビジネスに取り組むと計画した方が、下手な焦りもなくビジネスに取り組めると思います。

自分でコントロールする人生を手に入れるために

今現在、ネットビジネスに取り組んでいるが私生活が安定しない人、またブラック労働をしていてネットビジネスに取り組む時間も体力もない人なら、自分である程度コントロールできるタクシードライバーが次のステップにつながります。僕自身そうして2年間タクシードライバーをしてきました。

交通事故によるリスクもありますが、これから脱サラして独立起業してリスクを自己責任で背負う気概のある人なら、2,3年タクシードライバーをするならリスクよりもメリットが大きいはずです。

もし、僕と同じようにタクシードライバーになって、脱サラして人生逆転するぞ!という人は、環境の整ったタクシー会社を紹介します。今なら、入社祝い金付きですw
そんな方には、営業のコツもみっちりアドバイスしますので、本業収入は安定します。
本業収入を安定させて、ネットビジネスでも成功をめざしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こちらで更新情報を流しています

follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。